公演情報

2018年8月12日 (日)

第44回公演「お茶と同情 Tea and Sympathy」

Tas_omote


 学校を舞台にセクシャルマイノリティを題材にした演劇作品はいろいろあります。リリアン・ヘルマン「子供の時間」(「噂の二人」として映画化)、「アナザー・カントリー」(元祖BL映画!)、ジョン・パトリック・シャンリィ「ダウト」(メリル・ストリープ主演で映画化)など。
 タイトルの「お茶と同情」は、同名の舞台を原作にした1957年公開のアメリカ映画から拝借しました。男らしくないと言われる高校生と彼を見守る寄宿舎の舎監の妻の物語。(美輪明宏さんが当時「シスターボーイ」と呼ばれたのはこの映画からだそうです。)
 上演してみたい作品ばかりですが、今回は現代の日本を舞台に新しく作ってみようと決めました。
 主人公は高校教師。ゲイだとカミングアウトした彼が巻き込まれるハラスメント問題の行く末を描いてみようと思います。悲しい結末で終わりがちな先行作品とは違ったハッピーエンドをとりあえずは目指して。
 ご来場をお待ちしています。(関根信一)


第44回公演「お茶と同情 Tea and Sympathy」

【作・演出】
 関根信一

【出演】
 石坂 純(劇団ひまわり)
 石関 準(フライングステージ)
 井手麻渡(無名塾)
 鎌内 聡
 岸本啓孝(フライングステージ)
 木村佐都美(おちないリンゴ)
 小林将司(ノンストップエージェンシー)
 清水泰子
 関根信一(フライングステージ)

*出演予定の高木充子さんが体調不良のため、降板されることになりました。
 出演を楽しみにして下さったみなさま、申し訳ありません。
 ご予約のキャンセルをされる方は、yoyaku@flyingstage.com までご連絡をお願いいたします。

【公演日程】
 2018年8月8日(水)−12日(日)

 8月08日(水)19:30
 8月09日(木)19:30
 8月10日(金)14:00
 8月10日(金)19:30
 8月11日(土)13:00 / 16:00 / 19:00
 8月12日(日)13:00 / 16:00 / 19:00

*受付開始、開場は開演の30分前です。
*上演時間は約1時間20分の予定です。

【会場】
 下北沢 OFFOFFシアター
 京王井の頭線・小田急線「下北沢」駅北口(仮北口)徒歩3分
 世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F 
 TEL 03-3424-3755
 *下北沢駅が改修中です。これまでの南口がなくなっています。
  北口(仮北口)から少し遠回りになりますので、ご確認の上、ご来場下さい。
  北口改札ルート http://www.honda-geki.com/map/ekimae-kita.html
  南西口改札ルート http://www.honda-geki.com/map/ekimae-nansei.html

【スタッフ】
 照明:伊藤 馨
 音響:樋口亜弓
 衣裳:石関 準
 舞台監督:水月アキラ
 イラスト:ぢるぢる
 フライヤーデザイン:石原 燃(燈座)
 制作:渡辺智也、三枝 黎
 協力:M・M・P、おちないリンゴ、株式会社仕事、ノンストップエージェンシー
     劇団ひまわり、無名塾、CoRich舞台芸術!
 企画製作:劇団フライングステージ

【チケット】
 全指定席
 予約 3,500円
 学生 2,500円
 ペアチケット 6,500円 トリプルチケット9,000円
 当日券 3,800円 当日学生券 3,000円

*ペアチケット(2名)・トリプルチケット(3名)は予約・前売りのみの販売です。
*学生チケットは、当日、学生証の提示をお願いいたします。
*客席の都合上、開演後のご入場はご予約いただいた席へのご案内が難しくなります。
*開演の3分前までにご来場いただけない場合は、座席の指定を解除させていただきます。
*当日券は開場と同時に発売いたします。

<先行予約>
 2018年6月23日(土)10:00〜8月29日(金)23:00

 WEB予約
 PC用 https://ticket.corich.jp/apply/91755/
 携帯用 http://ticket.corich.jp/apply/91755/
 MAIL予約 yoyaku@flyingstage.com 
 TEL/FAX予約 03-6803-1250

*日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
*不在の場合は留守電に「お名前、電話番号」をお残し下さい。 ご連絡を差し上げます。
*先行予約のチケット代は、事前のお振り込みをお願いいたします。(振込手数料はご負担ください)

<一般発売> 
 2018年6月30日(土)10:00〜 各公演日前日まで

 WEB予約
 PC用 https://ticket.corich.jp/apply/91755/
 携帯用 http://ticket.corich.jp/apply/91755/
 MAIL予約 yoyaku@flyingstage.com 
 TEL/FAX予約 03-6803-1250(フライングステージ)

*日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
*不在の場合は留守電に「お名前、電話番号」をお残し下さい。 ご連絡を差し上げます。
*チケット代は当日精算で承ります。

【お問い合わせ】
劇団フライングステージ
MAIL stage@flyingstage.com
TEL/FAX 03-6803-1250


 ごあいさつ

 高校2年の春、教育実習の大学生が母校に来ました。担当は体育。日体大と聞いた記憶がありますが、記憶は曖昧です。本当に日体大なの?と思うくらいの細身でスマートな彼のルックス。体操をしていたのかもしれません。メタルフレームのメガネをかけた、テニスボーイ風のハンサム。単語がいちいち古めかしいですね。今から三十数年前のことです。
 JR(当時は国鉄)の最寄駅から学校までの道を、おしゃべりしながら歩いた記憶があります。彼が江東区の自宅から通っていること。いつもはバスなのだけれど、今日は電車で来たということなどを聞きました。(母校は江戸川区の都立高校です。)
 次の記憶は、彼が「ホモ」だという噂を聞いたこと。当時から僕には自分がそうだという自覚があり、おそらくは校内では、僕が好きだと思っている相手のことまでもが広く知られていて、彼についてのその噂は、もしかして僕と話していたからでは?と心配になりました。
 授業の時にも聞くことができずにいるうちに、予定よりも早く、彼は学校を去って行きました。理由はわかりません。さびしさと、なぜ?という気持ちが残りました。
 もし本当に彼が噂通りの人だとしたら、彼は日常の中で僕が初めて出会った「僕と同じ人」ということになります。そういう意味でも忘れることのできない存在です。
 先日、今も付き合いのある同級生のMくんに彼の話をしたところ、記憶にないと言われました。同じ授業を受けていたはずなのに。
 高校を舞台にした新作をと思った時、まず浮かんだのは彼のことでした。
 僕の遠い記憶から出発して、彼へのさまざまな思いがこの作品になりました。
 出発は遠い昔ですが、物語の舞台は2018年の今です。
 どうぞ最後までごゆっくりお楽しみください。

 関根信一


Fs44_ura05_out

劇団フライングステージ第44回公演「お茶と同情 Tea and Sympathy」上演台本をダウンロード

2017年11月15日 (水)

第43回公演「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」 / ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」「二人でお茶を TEA FOR TWO」

劇団フライングステージ第43回公演
「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」「二人でお茶を TEA FOR TWO」

Fs43_omote

2015年、渋谷区世田谷区での同性パートナーシップが認められるのに合わせて上演した
「Friend,Friends 友達、友達」、2016年に上演したその後の物語「Family,Familiar 家族、かぞく」
2作品に名前だけ登場した「ゲイの行政書士」を主人公にしたスピンオフ。
家族や友人、パートナーをめぐる生きていくためのいろいろの物語。
劇団創立25年を迎えた今年は、過去の上演作品、「陽気な幽霊 GAY SPIRT」「二人でお茶を TEA FOR TWO」をリーディング上演します。

「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」

作・演出:関根信一

出演:石坂 純(劇団ひまわり)
    石関 準(フライングステージ)
    小浜 洋
    岸本啓孝(フライングステージ)
    阪上善樹
    関根信一(フライングステージ)
    高木充子(劇団桃唄309)
    中嶌 聡(劇団クレイジーパワーロマンチスト)
    モイラ


ドラマリーディング「二人でお茶を TEA FOR TWO」

2005年4月初演。
舞台は札幌のホテルの一室。
1980年から2005年までの25年間、年に一度のデートを続ける二人のゲイの物語。

作・演出:関根信一

出演:阪上善樹(11/9)
    石坂 純(11/12)
    関根信一
    石関 準


ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」

1996年4月初演。
レズビアン&ゲイパレードの帰り道、
カミングアウトしたばかりの僕のところに、やたら元気なゲイの幽霊がやってきた。
第9回池袋演劇祭大賞受賞作。

作・演出:関根信一

出演:石関 準
    小浜 洋
    岸本啓孝
    関根信一
    高木充子
    中嶌 聡
    モイラ


公演日程:2017年11月8日(水)−11月12日(日)

11月 8日(水)19:30 「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
11月 9日(木)19:30 ドラマリーディング「二人でお茶を TEA FOR TWO」
11月10日(金)14:00 「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
11月10日(金)19:30 「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
11月11日(土)13:00 「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
11月11日(土)16:00 ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」
11月11日(土)19:00 「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
11月12日(日)13:00 「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
11月12日(日)16:00 ドラマリーディング「二人でお茶を TEA FOR TWO」
11月12日(日)19:00 「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」

*受付開始、開場は開演の30分前です。

携帯からの予約はこちらをクリック!


会場:下北沢 OFF OFF シアター 
    京王井の頭線・小田急線「下北沢」駅南口正面 徒歩0分
    世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F TEL 03-3424-3755

スタッフ

照明:伊藤 馨
音響:樋口亜弓
衣裳:石関 準
舞台監督:水月アキラ
イラスト:ぢるぢる
フライヤーデザイン:石原 燃(燈座)
制作:渡辺智也、三枝 黎
協力:株式会社アスタリスク、M・M・P、劇団クレイジーパワーロマンチスト、劇団桃唄309、CoRich舞台芸術!
企画制作:劇団フライングステージ

チケット:

・「LIFE, LIVE」
 全指定席 3,500円
 ペアチケット 6,500円  トリプルチケット9,000円
 学生 2,500円
 当日券 3,800円 当日学生券 3,000円

・リーディング「二人でお茶を」/「陽気な幽霊」
 全指定席 2,000円 当日 2,500円

*ペアチケット(2名)・トリプルチケット(3名)は予約・前売りのみの販売です。
*学生チケットは、当日、学生証の提示をお願いいたします。
*客席の都合上、開演後のご入場はご予約いただいた席へのご案内が難しくなります。
 開演の3分前までにご来場いただけない場合は、座席の指定を解除させていただきます。
*当日券は開場と同時に発売いたします。

<先行予約>2017年9月23日(土)10:00〜9月29日(金)22:00

 MAIL予約 yoyaku@flyingstage.com TEL/FAX予約 03-6803-1250

 *日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
 *不在の場合は留守電に「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。
   折り返しご連絡を差し上げます。
 *先行予約のチケット代は、事前のお振り込みをお願いいたします。(振込手数料はご負担ください)

<一般発売> 2017年9月30日(土)10:00〜 各公演日前日まで

 WEB予約 PC用 https://ticket.corich.jp/apply/85985/
 携帯用 http://ticket.corich.jp/apply/85985/
 MAIL予約 yoyaku@flyingstage.com TEL/FAX予約 03-6803-1250(フライングステージ)

 *日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
 *不在の場合は留守電に「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。
   折り返しご連絡を差し上げます。
 *チケット代は当日精算で承ります。


【劇団フライングステージ】
 「ゲイの劇団」であることをカミングアウトしている日本では数少ない劇団の一つ。
 1992年の旗揚げ以来、代表のの関根信一を中心に、「ゲイ」であることにこだわった芝居を作り続けている。
 近作に、同性パートナーシップの問題をリアルタイムで取り上げた「Friend,Friends 友達、ともだち」「Family,Familiar 家族、かぞく」、夏目漱石を明治の男たちの恋と友情の物語として読み直した「新・こころ」など。
 「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」「二人でお茶を TEA FOR TWO」等の上演台本を劇団ウェブサイトで公開中。

Fs43_ura_1


 
 ごあいさつ

 1992年11月3日、第1回公演の初日から25年が経ちました。10周年も20周年も何もしていないのですが、今回25周年ということで、新作と過去の代表作のリーディング公演を行うことにしました。
 30周年はあるのだろうか?というのが正直な気持ちですが、いつまで続けるか、いつまでも続けるのかということは、あまり考えていません。ただ「ゲイの劇団」として活動しているカンパニーがなくなってしまうのはいけないなあと、「やめない」ということだけをとりあえずは考えてきたように思います。
 新宿2丁目の老舗劇団ぺんぺんさんは30周年、GID劇団トランス☆プロジェクトさんは20周年、お互いの交流はあったりなかったりするなか、同じ時代を生きてきたのだなあという感慨があります。
 フライングステージを続けてきた理由、実は僕にはとても個人的なものがあります。それは演劇を始めた若い頃、そういう劇団があってほしいと思ったからです。「自分はゲイじゃない」と言いながら海外のゲイプレイに出演する俳優さんたち、そうではなくて、「あ、僕はゲイですけど何か?」と言えるようなカンパニー。その上でいろいろな作品を作りだしていくことができたら。
 「他にそういう劇団ができたら、ゲイが登場しない作品を作ってもいいかも」と言っていた時期もあって、2017年現在、ゲイプレイだけを上演する頑固な劇団である理由はほぼないのかもしれませんが、かつても今も、僕はフライングステージで作品を作り続けていられることがとてもうれしく思えています。
 作品を上演する意味と手応えをいつも感じることのできる、そしてお客様に恵まれた、しあわせな劇団です。(もう一つ、お客様が来てくれなくなったらやめようというのもあります。)どうもありがとうございます。
 今回の上演作品について解説ではなく、簡単な紹介をさせてください。

「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」

 2015年11月に始まった渋谷区と世田谷区の同性パートナーシップ申請(世田谷は宣誓)をモチーフに、昨年、一作年と二つの連作をつくりました。同性婚によって救われる人たちを描いた「Friend,Friends 友達、ともだち」、結婚ってそんなにいいものか?という視点から様々な家族のありようを描いた「Family,Familiar 家族、かぞく」。今回ご覧いただく「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」は、その2作品で描けなかったいろいろをゲイの行政書士の視点から語るものです。
 ゲイの行政書士としては、NPO法人パープル・ハンズの永易至文さんが活躍をされています。今回、永易さんの著作とご活動を参考にさせていただきましたが、語られる物語はすべてフィクションです。また、勉強したつもりなのですが、いろいろ間違っているところがあるかもしれません。そのあたりはどうぞお許しいただけたらと思います。
 友達、家族、人生(ライフ)と3年かけてたどってきた3つの作品。「Friend,Friends 友達、ともだち」初演のときには、トニー・クシュナーの「エンジェルス・イン・アメリカ」の日本版を作るぞ!というねらいもあったのですが、ずっとコンパクトなものになり、身近な愛すべき作品たちが生まれたと思っています。
 今年の8月には、世田谷パブリックシアター主催のワークショップで「Family,Familiar 家族、かぞく」をリーディング上演しました。一般の方々と上演するフライングステージの作品。いろんな意味でとてもとてもおもしろかったです。


ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」

 1996年2月、札幌でのレズビアンゲイパレードを運営していた当時のHSA札幌ミーティングという団体に呼んでいただいて、初めての札幌公演を行いました。
 2月の札幌での上演、楽屋にある大きなストーブそのままに、あたたかく迎えていただき、旅の役者の幸せとはこういうことかと思ったものでした。帰りの飛行機の中で思いついた作品が「陽気な幽霊」です。札幌のみなさんの熱が生み出した、はちゃめちゃなゲイの幽霊。
 イギリスの劇作家ノエル・カワードに同名の作品があり、タイトルを拝借しています。ノエル・カワードはゲイであることが半ば公然とされていた劇作家で俳優です。
 この作品は、初演を今日と同じOFFOFFシアターで行い、その後、大塚のジェルスホールでの上演で池袋演劇祭に参加して大賞を受賞しました。翌年、東京芸術劇場の小ホール1で再演をさせてもらいました。それまでゲイコミュニティの中の劇団というつもりでいた僕たちが、「ふつうの」劇団として世の中に出て行くきっかけになった作品です。
 2002年、僕が当時のレズビアンゲイパレードの実行委員長をつとめた際に再演をしています。今回15年ぶりの上演になります。今や劇団の一番のベテランである石関準が初めて主役を演じた作品です。僕は激しく軽やかに動き回る幽霊役なのですが、今回はリーディング上演でお送りします。


ドラマリーディング「二人でお茶を TEA FOR TWO」

 1998年に札幌のA.G.Sというカンパニー(現在の札幌座)に客演をしました。稽古のため約一ヶ月札幌に住んだのですが、その時泊まっていたウィークリーホテルがこの作品の舞台のモデルです。
 カナダの劇作家、バーナード・スレイドの「セイムタイムネクストイヤー」と同じ、年に一度だけ会う不倫カップルという設定を、ゲイの二人に置き換えて、時代を日本のゲイシーンにとって大きな変化のあった1980年から2005年の25年間に設定したリスペクトorオマージュ作品です。
 2005年に初演して翌年に第10回レインボーマーチ札幌に呼んでいただき札幌公演を行いました。2006年に上演した「ミッシング・ハーフ」がサンモールスタジオの最優秀作品賞をいただき、2008年1月にこの作品を再演させてもらうことができました。今回の上演は11年ぶりになります。
 冒頭、パンツ一枚で寝ているところから始まり、劇中でまたパンツ一枚になるという、今の僕には考えられないことをしています(笑)。今回はリーディング上演ですので脱ぎません。
 今年の12月1日の世界エイズデーに札幌でこの作品が上演されます。(世界エイズデーシアター2017「TEA FOR TWO 二人でお茶を」)上演にあたって、2017年の場面を書き足してはと提案をされました。札幌市は今年の6月から同性パートナーシップ宣誓制度を開始しています。どうしようかと思ったのですが、いろいろ考えてやめることにしました。幕が下りた後、二人の登場人物は2017年にどうしているだろうと想像してみていただけたらと思います。
 札幌での上演の公演情報は、ネットで「世界エイズデーシアター2017」と検索をするとご覧いただけると思います。Twitterのアカウントには、稽古風景の映像もアップされています。キャストの二人がとても若くてかわいらしいです。僕も公演を見に伺う予定でいます。

 25周年を迎えたフライングステージですが、まだしばらくはゲイの芝居だけを上演する頑固で偏屈な劇団でいたいと思っています。
 そういう劇団が一つくらいあったっていいじゃないかという思いは今も変わりません。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 本日はご来場ありがとうございました。
 どうぞ、最後までごゆっくりご覧ください。

 劇場へお運びいただいた観客のみなさんと
 作品の上演に関わってくれたキャスト、スタッフのみなさんに
 心からの感謝をこめて

 劇団フライングステージ 関根信一
 


Dscf6644

Dofrbpruiaadkqr

Dscf6527

Dscf6593

Dscf6603

Dscf6746

Dscf6782

Dscf6797

Doj_kcjvwaeiypm

Domkyefu8aahki_

Dsc_3440

Doxt0xnvwambonx

Doi83jlvaaak1yv

Dscf7167

S0097199

Dscf6985

S0677424

37639778894_870a66469f_z

撮影:伊藤 馨

2016年11月27日 (日)

gaku-Gay-kai 2016「贋作・サウンド オブ ミュージック 〜家政婦は見た!」

Fs_ggk2016_omote_2

劇団フライングステージがお送りする
年末恒例のお楽しみイベント gaku-GAY-kai
名作ミュージカルとドラマをミックスしたパロディ音楽劇
あの大家族にあの家政婦がやってくる!
第二部もゲイテイストいっぱいのパフォーマンスがもりだくさん!!

【日程】
 2016年12月29日(木)〜 30日(金)

 29日(木)14:00(第一部のみ)/ 18:30
 30日(金)14:00 / 18:30

*29日(木)14:00の回は第一部「贋作・サウンド オブ ミュージック 〜家政婦は見た!」のみ上演します。
*開場は開演の30分前
*上演時間は一部・二部通しで約3時間の予定です(途中休憩あり)。

【会場】
 SPACE 雑遊
 新宿区新宿3-8-8 新宿O・TビルB1F
 (都営地下鉄新宿線新宿三丁目駅C5出口目の前)

【演目】

第一部
 「贋作・サウンド オブ ミュージック 〜家政婦は見た!」

作・演出:関根信一

出演:
 アルピーナ
 宇原智茂
 エスムラルダ
 尾崎太郎
 オバマ
 岸本啓孝
 木村佐都美
 久米靖馬
 さいとうまこと
 冴瑪悠
 坂本穏光
 シュウ
 関根信一
 永山雄樹
 猫宮さくら
 芳賀隆宏
 水月アキラ
 モイラ
 和田好美

第二部
 「アイハラミホ。の驚愕!ダイナマイトパワフル歌謡パフォーマンスしょー」
  出演:アイハラミホ(29日のみ出演)
 「佐藤 達のかみしばい 〜僕の話をきいてください〜」 
  出演:佐藤 達
 「朗読水月モニカの百合物語」 
  出演:水月モニカ
 「女優リーディング」 
  出演:関根信一
 「はがつんナイトフィーバー」 
  出演:芳賀隆宏
 「防弾エプロン」 
  出演:西山水木
 「LGBTAI 〜その壁を越えて〜」
  出演:Tomone(29日のみ出演)
 「小夜子なりきりショウ:リヴァイタル・ニンフェア」 
  出演:モイラ
 「帰ってきたジオラママンボガールズ」 
  出演:ジオラママンボガールズ
 「中森夏奈子のスパンコール・チャイナイト vol.8」 
  出演:中森夏奈子(30日18:30の回のみ出演)
 「今年もアタシ、第二部で何かやろうかねえ」 
  出演:エスムラルダ

【スタッフ】
照明:伊藤 馨
音響:樋口亜弓
衣裳:石関 準
フライヤーイラスト:ぢるぢる
フライヤーデザイン:石原 燃
制作:渡辺智也 三枝 黎
企画製作:劇団フライングステージ
協力:池林房・太田篤哉 CoRitch舞台芸術!

【チケット】
予約3,000円 当日3,500円
*29日(水)14:00(第一部のみ上演)は予約2,000円 当日2,500円
*日時指定、全自由席
*予約受付開始 11月27日(日)10:00より
*WEB予約
 PC  https://ticket.corich.jp/apply/79096/
 携帯 http://ticket.corich.jp/apply/79096/
*予約受付アドレス yoyaku@flyingstage.com


携帯からの予約はこちらをクリック!





[PR] 舞台 FX初心者 勤怠 クラウド 訪問看護 江東


<ご予約状況 12月25日現在>
 29日(木)14:00 ★★★★★★★★★★(第一部のみ上演)完売御礼
 29日(木)18:30 ★★★★★★★★★★ 完売御礼
 30日(金)14:00 ★★★★★★★★★★ 完売御礼
 30日(金)18:30 ★★★★★★★★★★ 完売御礼

◆完売の回の当日券の発売は未定です。劇団までお問い合わせの上、ご来場ください。

※ご案内DMの発送は予定していません。
※お問い合わせはフライングステージまでどうぞ。stage@flyingstage.com

Fs_ggk2016_ura_2


15874664_955174084626253_2282449473

1c1lsvn4uoaehzd7

15826652_955174984626163_4605658888

C1imzevuaaaust6

15726413_1168716756577602_159129280

15741273_1168716743244270_742904765

15780671_955173751292953_7449074247

2_15822779_1168727783243166_4665700

2_15740987_1168727629909848_6697517

2_15826145_1168727609909850_3214785

2_15781165_1168727676576510_1593223

2_15875332_955174041292924_87739722

2_15726299_1168727753243169_2831941

2_15799883_955175581292770_16263776

2_15726888_1168727669909844_3614898

3_15871902_955173754626286_53935594

1c1l2jmrusaesq10


2016年9月 6日 (火)

第42回公演「Family,Familiar 家族、かぞく」×「Friend,Friends 友達、友達」

劇団フライングステージ第42回公演
「Family,Familiar 家族、かぞく」×「Friend,Friends 友達、友達」

 アメリカで同性婚が認められるようになり、日本でも各地でパートナーシップ制度が認められるようになった2015年。
 2016年の今、同性婚をめぐる問題はどう変化したのか。パートナーとは、家族とは何か?
 私たちの今を見つめ直す新作「Family,Familiar 家族、かぞく」と、昨年初演の「Friend,Friends 友達、友達」を同時上演します。

Flyingstage42_a

Flyingstage42_b

「Family,Familiar 家族、かぞく」(新作)

 パートナーシップ制度を利用したカップルのその後。
 ホームレスになっていたゲイのもとへ、元パートナーの甥っ子がやってくる。
 セクシュアルマイノリティたちの「結婚」から始まる「家族」の物語。

作・演出:関根信一
出演:石関 準
   小浜 洋
   岸本啓孝
   阪上善樹
   関根信一
   中嶌 聡
   猫宮さくら
   野口聡人(劇団ひまわり)
   若林 正


「Friend,Friends 友達、友達」
(再演)

  渋谷区でのパートナーシップ制度を利用しようとするカップル。
  同居していたパートナーが亡くなり、住む家を無くしてホームレスになったゲイ。
  彼らを見守る友達と家族が織りなす2015年の物語。

作・演出:関根信一
出演:石関 準
   小浜 洋
   岸本啓孝
   阪上善樹
   関根信一
   中嶌 聡
   猫宮さくら
   野口聡人(劇団ひまわり)
   若林 正

照明:伊藤 馨
音響:樋口亜弓
衣裳:石関 準
舞台監督:水月アキラ 
フライヤーイラスト:ぢるぢる
フライヤーデザイン:石原 燃(燈座)
制作:渡辺智也 三枝 黎 水月アキラ
協力:M・M・P、CoRich舞台芸術! 劇団ひまわり 
企画製作:劇団フライングステージ


日程:2016年11月2日(水)〜11月6日(日)

  11月 2日(水)19:30 「Family,Familiar 家族、かぞく」
  11月 3日(木)14:00 「Family,Familiar 家族、かぞく」 
  11月 3日(木)19:30 「Friend,Friends 友達、友達」 
  11月 4日(金)14:00 「Friend,Friends 友達、友達」 
  11月 4日(金)19:30 「Family,Familiar 家族、かぞく」
  11月 5日(土)13:00 「Family,Familiar 家族、かぞく」 
  11月 5日(土)16:00 「Friend,Friends 友達、友達」 
  11月 5日(土)19:00 「Family,Familiar 家族、かぞく」 
  11月 6日(日)13:00 「Family,Familiar 家族、かぞく」
  11月 6日(日)16:00 「Friend,Friends 友達、友達」 
  11月 6日(日)19:00 「Family,Familiar 家族、かぞく」 

会場:下北沢 OFFOFFシアター
   京王井の頭線・小田急線「下北沢」駅南口正面 徒歩0分
   世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F 
   TEL:03-3424-3755

チケット料金
●「Family,Familiar 家族、かぞく」
 全指定席 前売・予約 3,500円 学生 2,500円(受付で要学生証提示)
 当日券 3,800円 当日学生券 3,000円(受付で要学生証提示)
 ペアチケット 6,500円 トリプルチケット 9,000円

●「Friend,Friends 友達、友達」
 全指定席 前売予約 3,000円 学生 2,000円(受付で要学生証提示)
 当日券 3,300円 当日学生券 2,500円(受付で要学生証提示)

*ペアチケット(2名)トリプルチケット(3名)は予約・前売りのみの販売です。
 性別、セクシュアリティ等、不問です。
*「Friend,Friends」はペアチケット、トリプルチケットの取り扱いはありません。

チケット取り扱い

・WEB予約 PC 携帯
・MAIL予約 yoyaku@flyingstage.com
・TEL/FAX予約 048-999-6528(フライングステージ)
*日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
*不在の場合は留守電に「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。
 折り返しご連絡を差し上げます。
*チケット代は当日精算で承ります。

<先行予約> 2016年 9月17日(土)10:00 - 9月23日(金)22:00
*チケット代は、事前のお振り込みをお願いいたします。
*お席のご希望をうかがえます。(振込手数料はご負担ください)

<一般発売> 2016年 9月24日(土)10:00から 各公演日前日まで
*チケット代は当日精算で承ります。

<当日券> 受付開始・開場は開演の30分前です。

お問い合せ:劇団フライングステージ stage@flyingstage.com

Flyingstage161101

15002458_917037661773229_4263487965


2016年1月11日 (月)

劇団フライングステージ第41回公演「新・こころ」

SPACE 梟門 オープニング企画

劇団フライングステージ第41回公演「新・こころ」

Fs41_omote3

Fs41_ura3

夏目漱石「こころ」を明治の男たちの恋と友情の物語として読み直し
オールメールキャストで上演
明治と現代を行き来する100年の物語
2008年初演作を再演します

原作:
夏目漱石「こころ」

作・演出:
関根信一

出演:
尾崎太郎
北川義彦(十七戦地)
野口聡人(劇団ひまわり)
石関 準(フライングステージ)
小笠原游大
齋藤 真
小浜 洋
モイラ
関根信一(フライングステージ)

日程:
2016年3月30日(水)〜4月3日(日)

3月30日(水)19:30
3月31日(木)19:30
4月01日(金)15:00
4月01日(金)19:30
4月02日(土)14:00
4月02日(土)18:30
4月03日(日)14:00
4月03日(日)18:30

携帯からの予約はこちらをクリック!


[PR] クレジットカード審査 勤怠システム レンタルスタジオ シストレ比較

会場:
SPACE 梟門
新宿区新宿3-8-8 新宿O・Tビル2F
(都営地下鉄新宿線新宿三丁目駅C5出口目の前)

チケット:
全指定席 前売・予約 3,500円
ペアチケット 6,500円  トリプルチケット9,000円
学生 2,500円
当日券 3,800円 当日学生券 3,000円

<ご予約状況> 3月31日現在
3月30日(水)19:30 ★★★★★★★★★★ 満席となりました
3月31日(木)19:30 ★★★★★★★★★★ 満席となりました
4月01日(金)15:00 ★★★★★★★☆☆☆
4月01日(金)19:30 ★★★★★★★★★★ 満席となりました
4月02日(土)14:00 ★★★★★★★★★★ 満席となりました
4月02日(土)18:30 ★★★★★★★★★★ 満席となりました
4月03日(日)14:00 ★★★★★★★★★★ 満席となりました
4月03日(日)18:30 ★★★★★★★☆☆☆


*満席の回の当日券はキャンセル待ちとなります。  yoyaku@flyingstage.com までお問い合わせの上、ご来場ください。


<先行予約> 2016年2月6日(土)10:00〜2月12日(金)22:00
*チケット代は、事前のお振り込みをお願いいたします。
*お席のご希望をうかがえます。(振込手数料はご負担ください)

<一般発売> 2016年2月13日(土)10:00〜各公演日前日まで
*チケット代は当日精算で承ります。

*ペアチケット、トリプルチケットは予約・前売りのみの取り扱いです。
*学生チケットは、当日、学生証の提示をお願いいたします。
*客席の都合上、開演後のご入場はご予約いただいた席へのご案内が難しくなります。
 開演の3分前までにご来場いただけない場合は、座席の指定を解除させていただきますので、ご了承ください。
*当日券は開場と同時に発売いたします。

■チケット取り扱い
・WEB予約 PC用 携帯用
・MAIL予約 yoyaku@flyingstage.com
・電話予約 090-1882-2643
*お名前、日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。

照明:伊藤 馨
音響:樋口亜弓 
衣裳:石関 準
制作:渡辺智也 三枝 黎 水月アキラ 岸本啓孝
フライヤーイラスト:ぢるぢる
フライヤーデザイン:石原 燃(燈座)
協力:十七戦地 劇団ひまわり 池林房・太田篤哉 CoRich舞台芸術!
企画製作:劇団フライングステージ

 夏目漱石の「こころ」のあらすじはこんなです。
 明治の末、語り手である「私」は、鎌倉の海で「先生」に出会い、その後、先生との交流を深めていく。先生と奥さんとの関係は妙にさびしい。「私」は、その後、先生から遺書を送られる。そこには、彼がかつて、友人の「K」を裏切り、奥さんと結婚したのだということ、そして、「K」は自殺してしまい、自分もまた「明治の精神に殉じて」死んでいくのだということが描かれてあった。
 初めて読んだ中学生の頃、僕の「こころ」の印象は、「変な小説だな」というものでした。なんだか妙にうそっぽい。それは、子どもの頃出会った文学作品にありがちな印象ですが、大人になって、自分はゲイであるとわかった上で読み直した「こころ」は全く違う小説になっていました。そして、同時に新たな疑問も生まれてきました。「私」は「先生」につきまといすぎじゃないか? そして、先生が「K」に死なれたあと、人が変わったようになってしまうのはなんでだろう? もちろん、漱石は合理的な説明をしていますが、僕には「ほんとうかな?」と思えてしかたありません。じゃあ「ほんとうのこと」は何なんだろう?
 そんな「ほんとうかな?」という視点で読み直した「こころ」を舞台化してみようと思います。漱石が描いた明治の男たちの思いのありようから、彼らの「恋」と「友情」を読み取って。
 小説が時代そのままを映すものだとは思いませんが、少なくとも手がかりにはなるはずです。しかも、「こころ」の小説としての構造は特殊で、「K」や「奥さん」との交流、そして「K」の自殺といった出来事は、すべて「先生」の遺書の中で一人称で語られるのみです。
 僕は、ここにつけいってみようと思います。描かれた事柄は事実だとしても、「先生」のほんとうの思いは描かれていないんじゃないか。一人称で語られるミステリーのように。
 森鷗外の自伝的小説「ヰタ・セクスアリス」(明治42年)では、旧制高校の寄宿舎における「男色」の流行が当たり前のことのように描かれています。男色と同性愛が別のものであることは承知の上で言わせてもらえば、時代に許容されていた男同士の恋愛が、大正になった途端、エロ、グロ、変態性欲ということになってしまう。この世の中の大きな変化、そのまさに転換点に、漱石の「こころ」があり、「先生」がいるんじゃないだろうか。そう思ったときから、漱石の人物たちは、違った顔を僕に見せ始めました。
 本公演とは別のパロディの舞台「贋作」シリーズをいくつも作り出してきたフライングステージですが、今回は、「贋作・こころ」ではなく、あえて「新・こころ」というタイトルです。古典の舞台化で堅苦しくなるんじゃないかという心配は無用です。オール男性のキャストで描く、キャンプな「こころ」をごらんいただきましょう。みなさまのご来場をお待ちしています。(2008年初演時のフライヤーより)(関根信一)



Dscf7633


Dscf7651


Dscf7654


Dscf7658


Dscf7662


Dscf7689


Dscf7724


Dscf7756


Dscf7761


Dscf7768


Dscf7778


Dscf7787


Dscf7793


Dscf7805


Dscf7818


Dscf7832


Dscf7837


Dscf7855


Dscf7869


Dscf7874


Dscf7888


Dscf7906


Dscf7924



2015年11月20日 (金)

gaku-GAY-kai2015  「贋作・ウェストサイド物語 または 贋作・ローマの休日 -新宿イーストサイド物語 または 2丁目の休日-」

Gakugaykai2015_omote20151126002653

Gakugaykai2015_ura20151127013802

 

靖国通りをはさんで対立する新宿2丁目のドラッグクイーンと歌舞伎町のホスト。
そんな二人が恋に落ちた。許されない恋の行方は?
一方、来日中の某国の皇太子は出逢った記者と恋に落ち、
新宿2丁目で束の間の休日を過ごす。
おなじみの名作をミックスしたパロディ音楽劇!
第二部も選りすぐりのショーをにぎやかにお届けします!

☆gaku-GAY-kai2015
 「贋作・ウェストサイド物語 または 贋作・ローマの休日 -新宿イーストサイド物語 または 2丁目の休日-」

【日程】
2015年12月29日(火)- 30日(水)
29日(火)14:00(第一部のみ)/ 18:30
30日(水)14:00 / 18:30
*29日(火)14:00の回は第一部「贋作・ウェストサイド物語(略)」のみ上演します。
*開場は開演の30分前
*上演時間は一部・二部通しで約3時間の予定です(途中休憩あり)。

【会場】
SPACE 雑遊
新宿区新宿3-8-8 新宿O・TビルB1F
(都営地下鉄新宿線新宿三丁目駅C5出口目の前)

【演目】
第一部「贋作・ウェストサイド物語 または 贋作・ローマの休日」
    -新宿イーストサイド物語 または 2丁目の休日-

作・演出:関根信一

出演:アルピーナ、宇原智茂、エスムラルダ、オバマ、岸本啓孝、木村佐都美
   久米靖馬、冴瑪悠、坂本穏光、宍泥美、シュウ、関根信一、永山雄樹
   猫宮さくら、芳賀隆宏、松之木天辺、水月アキラ、モイラ、和田好美

第二部

「アイハラミホ。の驚愕!ダイナマイトパワフル歌謡パフォーマンスしょー」
  出演:アイハラミホ(29日のみ出演)
「ビアチカコラボ官能小説朗読」 出演:水月モニカ
「2015のジェストダンス」  出演:西山水木
「佐藤 達のかみしばい ~僕の話をきいてください~」 出演:佐藤 達
「女優リーディング」 出演:関根信一
「sayokoなりきりショウ リヴァイタル・クロカミ」 出演:モイラ・ボルデリ
「親孝行」 出演:芳賀隆宏
「LGBTAI~その壁を越えて~」 出演:Tomone
「ひとりのビッグショー」 出演:ぶー子
「今年もアタシ、第二部で何かやろうかねえ」 出演:エスムラルダ

*中森夏奈子は都合により出演できなくなりました。ご了承ください。

【スタッフ】
照明:伊藤 馨
音響:樋口亜弓
衣裳:石関 準
フライヤーイラスト:ぢるぢる
フライヤーデザイン:石原 燃
制作:渡辺智也 三枝 黎
企画製作:劇団フライングステージ
協力:池林房・太田篤哉 CoRitch舞台芸術!

【チケット】
予約3,000円 当日3,500円
*29日(月)14:00(第一部のみ上演)は予約2,000円 当日2,500円
*日時指定、全自由席
*予約受付開始 11月28日(土)10:00より

携帯からの予約はこちらをクリック!


[PR] ゴールドカード クレジットカード比較 FX比較 勤怠管理

*予約受付アドレス yoyaku@flyingstage.com

<ご予約状況 12月25日現在>

 29日(火)14:00 ★★★★★★★☆☆☆
 29日(火)18:30 ★★★★★★★★★★ 満席御礼
 30日(水)14:00 ★★★★★★★★★★ 満席御礼
 30日(水)18:30 ★★★★★★★★★★ 満席御礼

☆29日(火)18;30、30日(水)14:00 18:30 の当日券はキャンセル待ちとなります。
 ご来場をご検討中の方は yoyaku@flyingstage.com までお問い合わせください。

※ご案内DMの発送は予定していません。
※開場は開演の30分前を予定しています。
※整理券等の発行は予定していません。

☆会場にはお手洗いが男女各1つずつしかありません。あらかじめ、駅等でおすませいただき、ご来場いただけたらと思います。申し訳ありませんが、みなさまのご協力をお願いいたします。

☆予約をキャンセルされる場合は、yoyaku@flyingstage.comまで、必ずご連絡いただけますようくれぐれもお願いいたします。当日、直前のご連絡でも結構ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

※最新の情報はフライングステージのブログをご覧ください。
※お問い合わせはフライングステージまでどうぞ。
>>>stage@flyingstage.com   

2010年8月16日 (月)

第35回公演「トップ・ボーイズ」

劇団フライングステージ第35回公演
「トップ・ボーイズ」

*終了しました。ご来場ありがとうございました。

彼と彼の結婚を祝うパーティに
歴史上の有名なゲイたちがやってくる
世紀末を代表する耽美主義の文学者
ゲイの市長と呼ばれた男
伝説のロックシンガー
ナチスの暗号を解読した数学者
作者の死後発表されたゲイ小説の主人公
ルネサンスの名画のモデルとなった青年
戦国時代の若武者。仮面の告白をした作家
ゲイ小説を遺した女流文学者
キャリル・チャーチルの
「トップ・ガールズ」に想を得て
今を生きるゲイたちを描く
劇団フライングステージの新作

作・演出:関根信一

CAST
石関 準
羽矢瀬智之
岸本啓孝
しいたけを
松之木天辺
坂本穏光
ますだいっこう
加藤 裕(クロカミショウネン18)
久米靖馬(クロカミショウネン18)
岡田梨那
関根信一

2010年8月5日(木)〜8月15日(日)

 8月5日(木)19:30 
   6日(金)19:30 
   7日(土)15:00 19:00
   8日(日)15:00 19:00
   9日(月)休演
  10日(火)19:30
  11日(水)19:30
  12日(木)19:30
  13日(金)19:30
  14日(土)15:00 19:00
  15日(日)14:00 18:00

下北沢 OFFOFFシアター
京王井の頭線・小田急線「下北沢」駅南口正面 徒歩0分
世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F TEL 03-3424-3755

スタッフ
照明:伊藤 馨
照明オペレーター:横佩 彩
音響:樋口亜弓
衣裳:石関 準
舞台監督:大石郁実
フライヤーデザイン:石原 燃
制作:渡辺智也 三枝 黎 水月アキラ
協力:クロカミショウネン18
   株式会社スーパーエキセントリックシアター
   M・M・P
   CoRich舞台芸術!
主催:劇団フライングステージ
助成:芸術文化振興基金
企画制作:劇団フライングステージ
    関根信一・石関 準・羽矢瀬智之・水月アキラ・岸本啓孝

チケット料金
全指定席 
予約・前売り 3,500円
ペアチケット 6,500円  トリプルチケット 9,000円
*ペアチケット、トリプルチケットは予約・前売りのみの取り扱いです。
*客席の都合上、開演後のご入場はご予約いただいた席へのご案内が難しくなります。
 開演の3分前までにご来場いただけない場合は、座席の指定を解除させていただきますので、ご了承ください。
当日券 3,800円
*開場と同時に発売いたします。

チケット取り扱い
2010年6月25日(金)9:00〜 各公演日前日まで
WEB予約 PC用 携帯用 
MAIL予約
TEL/FAX予約 048-999-6528
*日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
*不在の場合は留守電に「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。
 折り返しご連絡を差し上げます。
*チケット代は当日精算で承ります。

問い合わせ:
劇団フライングステージ

Topboys_a_300


最近のトラックバック

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ